スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
Nadal, ‘non comment’  
Nadal no jugará la Copa Davis en Marbella
29.06.09 - 13:49 - JUAN SOTO | MÁLAGA

http://www.diariosur.es/20090629/deportes/mas-deportes/nadal-jugara-copa-davis-200906291308.html

ラファが、ようやくデ杯に出ない決心をしてくれました!!
ラファ、よく我慢してくれたね。
ちょっとオトナになってくれたかな

ラファにとっては、決してgood newsじゃないと思うけど、
ファンにとっては待ちに待った朗報です!

このニュースはにゃ~すさんが教えてくれました。
にゃ~すさん、ありガト~~

次のニュースは、膝がすっかり治って元気にコートでボールを打ってる話でありますように!!







続きを読む »

スポンサーサイト
 
 
もうひとつの WIMBLEDON 2009 
パラレル WIMBLEDON 2009

公式HP
Main Draw Singles   
Main Draw Doubles
Schedule of Play



Sunday, 5 July

Singles - Final
[2] R Federer (SUI) d [6] A Roddick (USA) 57 76(6) 76(5) 36 16-14

フェデラー、おめでとう
サンプラスを抜いて15回目のGSタイトルですね。

ロディック、ありがとう!
わたしの願いを聞いて、強いアンディでしたね!
強力驚速サーブと、強いストロークと、負けない根性を持ち合わせていた今日のアヒルは、
今までイチバンかっこよかったんだけど、勝てなかった。
残念無念!!



明るいうちに決勝戦が終わって、なんだか変な感じ(笑)
去年優勝したラファの写真が飾ってあったあの通路、まだラファは見ていないんだな(ボソッ)

眠い・・・
来年のWBは、絶対ラファに出てもらいたい。
パラレルワールドWBは、公平な目で見られて楽しくもあったけれど、
やっぱり盛り上がりに欠けちゃうもの。


続きを読む »

 
 
ラファへのメッセージカード、完成! 
6月24日現在の追加情報です。

2回目の締め切りの日が過ぎましたので、
ラファへのメッセージカードのお名前の募集は、終了させていただきました。
ご賛同くださったみなさま、ラファに届く日はもうすぐの予定です。
もう少しだけ、お待ちくださいませ。
おそらくマナコールテニスクラブ宛に送るはずです。

今頃復帰の日を夢見て、リハビリに取り組んでいることでしょうね。

リハビリの様子ではありませんが、素敵な写真集(スライドショー)をご覧ください。

http://www.nytimes.com/slideshow/2009/06/21/magazine/20090621-nadal-slideshow_index.html

なんだか胸がキュッと締め付けられるような気がする、ラファなのでした・・・。
どうか、どうか

VAMOS RAFA







6月21日現在の追加情報です。

カードとプレゼントが完成して、あとはラファ(もしくは彼のチームの誰か)に渡すだけ!でしたが、
みなさんご存知のように、ラファはWB欠場を決めて、マナコールに帰ってしまいました(涙)

そのため次善の策として、マナコールテニスクラブへ送ることを考えています。
その前に、参加表明してくださったみなさまに、いくつかお知らせ&お願いがあります。

1. お守りについて
  下にアップした写真を見てお分かりのように、ラファの足を気遣う気持ちから
神社のお守りを同封しようと考えていました。
  もし、宗教上の理由でそれは困るので名前を削除したいと思われる方がいらっしゃったら、大変すみませんがお名前をお知らせいただきたいと思っています。
  現在のところ、お守りとメッセージを同梱ではなく別便にしようか、という案もあります。その場合でも名前の削除が必要かどうかもお知らせいただければうれしいです。


2. 新たに参加したい方 
 もし、わたしも参加したかった!という方があれば、追加で募集します。
  

3. 締め切り  
  暫定ですが、22日(月)もしくは23日(火)を予定しています。


   

続きを読む »

 
 
WIMBLEDON 2009 
WIMBLEDON 2009

公式HP
Main Draw Singles   The singles main draw ceremony takes place on Friday.
Main Draw Doubles



ラファの状況(のびた的備忘録)
みなさまからいただいたコメントから、
ラファがWB出場にむけてどうしていたのか、その後の経過をざっとおさらいしてみます。
記事を紹介してくださった、いっこさん、RafafaさんそしてHRKさん、ありガト~ございました。
毎日コメントを下さったみなさまも、ありガト~ございました。
1日も早くひざの怪我が治って、全米初制覇に向けて翼を羽ばたかせてほしいです!

6月17日(水)
El Paisの記事:RG敗退後のラファの様子など
いっこさんによるとマヨルカでは、テニス以外に水泳やリハビリなど熱心にこなしたようで、
コトロ先生から「経過は順調」と言われたものの、
金曜日(のエキジビ)まで、どの程度芝に慣れられるか分からない」。
「その時にウィンブルドンに出るかどうかはっきり決める」


WB向けの練習の様子with 村井 by BBC
心優しい村井君が、ラファのひざの具合が悪いのを承知でつきあってくれたのかもしれません。
村井君、ありガト~!


6月18日(木)
ヒューとのエキジビ at Hurlingham Club
結果http://www.rafaelnadal.com/nadal/en/news/article/hurlingham-test
写真http://www.nadalnews.com/2009/06/18/hurlingham-photos/
本番では、このウェアで登場の予定だったのですね。
あっ、試合終了後は、笑顔を見せていたんだ!この笑顔、胸が痛い・・・

結果はこちらの19 June 2009にも。

本国のニュースhttp://www.marca.com/2009/06/18/tenis/1245353570.html
いっこさんによると
動きが鈍かったそうで、トニ叔父が、「膝を曲げるのが困難で、(これまでに)受けた治療では充分じゃない」
先日の(記者発表用の)「経過は順調」は、全くうそではなかったと思いたいけれど、
実際はやはりひざの調子はよくないことがはっきりしてきていたのですね

明日19日(金)の予定:バウリンカとエキジビ
ラファの公式HP http://www.rafaelnadal.com/nadal/en/news/article/hurlingham-test


6月19日(金)
WBシングルスのドロー発表
BBC(http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/tennis/8104616.stm )の当初の記事によれば 
Nadal has been drawn to face Arnaud Clement in the first round, with Lleyton Hewitt his likely second-round opponent.


その後再びエキジビで負けて・・・



ついに欠場を発表

ラファの公式HP http://www.rafaelnadal.com/nadal/en/news/article/no-wimbledon-09

BBC
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/tennis/8085394.stm

marca
http://www.marca.com/2009/06/19/tenis/wimbledon/1245435541.html
いっこさんの訳再び
「2週間前よりは随分良くなったけれど、ウィンブルドンのような大会に焦点を当てるだけの準備ができていない」
「回復にしばらく時間をとって、100%勝利の精神を持って、できる限り早く戻りたい。今は試合のことより膝のことを考えてプレーしている。こんな状態でやるのは難しい」
「アスリートは多かれ少なかれ痛みと共生してやっているが、どこが限界で、どこまでなら良いのか判らない。今の僕は限界に達してしまったと思うので、(この状態を)一掃して、充分な力をつけて戻るべきだと思う」
「9ヶ月間痛みを感じながら毎週毎週力を尽くしてきて、とうとうマドリッドで検査したら、両方の膝に二つずつ水腫が見付かった」
「これまでの僕の人生でウィンブルドンは最も特別な大会で、そこで初めてNo.1としてプレーすることができるところだったのに・・・辛い。出場するためにできることは全てやったけど、不可能だった。来年は良い状態で出場して、好い成績を出したい」
「どの大会にも出たいと思う僕が悪いのかもしれない・・・痛みに耐え続けることに疲れてしまった」


悩んで悩んで、ついに決心したことがWBを欠場する、だったのですね。
大きなショックであるけれど、同時にホッとしています。
でも、でも、やっぱり悲しい。
いっこさんが訳してくれているように、9ヶ月間も痛みをともにプレーしていたのですね。
ラファに限らずアスリートはそういう宿命なのかもしれませんが。
だませる痛みと、ほっといてはいけない痛みのボーダーラインは限りなくグレーゾーンだと思います。プレーをしたい選手の立場であれば、特に。

6月20日(土)
ラファ、マヨルカへ帰る。
http://www.antena3noticias.com/PortalA3N/noticia/deportes/rodilla-Nadal-deja-Wimbledon-sin-vigente-campeon/6871340


「あと2年やって引退するつもりだろうとかいう声があるが、自分はもっと長く選手生活を続けていくつもりで、これから大きなことをたくさんやらないといけないんだから、ちゃんと治さないとね」
「そりゃ順位が落ちるのが嬉しいわけはないけど、僕は順位のことを考えながらプレーしていたことはないし、それは2位の時も3位の時も、50位だった時も同じ」で、「あまりこだわらない」。
このニュースによると、一応8月初めまでは休むつもり ということでした。

まだ23歳になったばかりのラファ。
今後まだしばらくは選手生活を続けたいと言っているらしいから、
そのために今必要なこと=休息と怪我の徹底的な治療 に専念してほしい。
動き回ることが宿命であるかのような生き方をしているラファにとっては
翼をもがれたみたいな気分でしょうけれど。
天使の翼は、ラファの背中にちゃんとそのままだよ!




この記事 編集中 to be contonue



続きを読む »

 
 
Wmbledon 前哨戦 
AEGON Championships  LONDON

HP
OOP

去年の赤い会場が懐かしい・・・(涙)

Sunday, 14 June, 2009
Singles - Final

[1] A Murray (GBR) d [6] J Blake (USA) 75 64

村井君は波乱なく第1シードを守って、母国の栄冠を勝ち取りましたね。
おめでとう!
全く見ることができなくって、ゴメンナサイ。






Gerry Weber Open HALLE

HP
OOP

Singles - Final

[WC] T Haas (GER) d [2] N Djokovic (SRB) 63 67(4) 61

ハースも母国の栄冠を勝ち取ったのですね、おめでとう


ところで第1シードのジョコ・・・どうしちゃったの?
体調不十分なのかしら?
それも全く考えられないわけじゃないけど・・・。
ウィンブルドンまでには、整えてきてね。

ラファもよくなってほしいから、ジョコにもやさしいのびたなのでした(笑笑)



ところで、トニコーチがどっかのインタビューかなんかで、またフランスの観客のことを言ってたの?
スペイン語の記事だけ見つけたので、エキサイトの翻訳にかけてみたんだけど、
禅問答みたいな訳で・・・
ラファの精神状態が悪化しませんように!!



 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。