スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
もうひとつの WIMBLEDON 2009 
パラレル WIMBLEDON 2009

公式HP
Main Draw Singles   
Main Draw Doubles
Schedule of Play



Sunday, 5 July

Singles - Final
[2] R Federer (SUI) d [6] A Roddick (USA) 57 76(6) 76(5) 36 16-14

フェデラー、おめでとう
サンプラスを抜いて15回目のGSタイトルですね。

ロディック、ありがとう!
わたしの願いを聞いて、強いアンディでしたね!
強力驚速サーブと、強いストロークと、負けない根性を持ち合わせていた今日のアヒルは、
今までイチバンかっこよかったんだけど、勝てなかった。
残念無念!!



明るいうちに決勝戦が終わって、なんだか変な感じ(笑)
去年優勝したラファの写真が飾ってあったあの通路、まだラファは見ていないんだな(ボソッ)

眠い・・・
来年のWBは、絶対ラファに出てもらいたい。
パラレルワールドWBは、公平な目で見られて楽しくもあったけれど、
やっぱり盛り上がりに欠けちゃうもの。


続きを読む »

スポンサーサイト
 
 
WIMBLEDON 2009 
WIMBLEDON 2009

公式HP
Main Draw Singles   The singles main draw ceremony takes place on Friday.
Main Draw Doubles



ラファの状況(のびた的備忘録)
みなさまからいただいたコメントから、
ラファがWB出場にむけてどうしていたのか、その後の経過をざっとおさらいしてみます。
記事を紹介してくださった、いっこさん、RafafaさんそしてHRKさん、ありガト~ございました。
毎日コメントを下さったみなさまも、ありガト~ございました。
1日も早くひざの怪我が治って、全米初制覇に向けて翼を羽ばたかせてほしいです!

6月17日(水)
El Paisの記事:RG敗退後のラファの様子など
いっこさんによるとマヨルカでは、テニス以外に水泳やリハビリなど熱心にこなしたようで、
コトロ先生から「経過は順調」と言われたものの、
金曜日(のエキジビ)まで、どの程度芝に慣れられるか分からない」。
「その時にウィンブルドンに出るかどうかはっきり決める」


WB向けの練習の様子with 村井 by BBC
心優しい村井君が、ラファのひざの具合が悪いのを承知でつきあってくれたのかもしれません。
村井君、ありガト~!


6月18日(木)
ヒューとのエキジビ at Hurlingham Club
結果http://www.rafaelnadal.com/nadal/en/news/article/hurlingham-test
写真http://www.nadalnews.com/2009/06/18/hurlingham-photos/
本番では、このウェアで登場の予定だったのですね。
あっ、試合終了後は、笑顔を見せていたんだ!この笑顔、胸が痛い・・・

結果はこちらの19 June 2009にも。

本国のニュースhttp://www.marca.com/2009/06/18/tenis/1245353570.html
いっこさんによると
動きが鈍かったそうで、トニ叔父が、「膝を曲げるのが困難で、(これまでに)受けた治療では充分じゃない」
先日の(記者発表用の)「経過は順調」は、全くうそではなかったと思いたいけれど、
実際はやはりひざの調子はよくないことがはっきりしてきていたのですね

明日19日(金)の予定:バウリンカとエキジビ
ラファの公式HP http://www.rafaelnadal.com/nadal/en/news/article/hurlingham-test


6月19日(金)
WBシングルスのドロー発表
BBC(http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/tennis/8104616.stm )の当初の記事によれば 
Nadal has been drawn to face Arnaud Clement in the first round, with Lleyton Hewitt his likely second-round opponent.


その後再びエキジビで負けて・・・



ついに欠場を発表

ラファの公式HP http://www.rafaelnadal.com/nadal/en/news/article/no-wimbledon-09

BBC
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/tennis/8085394.stm

marca
http://www.marca.com/2009/06/19/tenis/wimbledon/1245435541.html
いっこさんの訳再び
「2週間前よりは随分良くなったけれど、ウィンブルドンのような大会に焦点を当てるだけの準備ができていない」
「回復にしばらく時間をとって、100%勝利の精神を持って、できる限り早く戻りたい。今は試合のことより膝のことを考えてプレーしている。こんな状態でやるのは難しい」
「アスリートは多かれ少なかれ痛みと共生してやっているが、どこが限界で、どこまでなら良いのか判らない。今の僕は限界に達してしまったと思うので、(この状態を)一掃して、充分な力をつけて戻るべきだと思う」
「9ヶ月間痛みを感じながら毎週毎週力を尽くしてきて、とうとうマドリッドで検査したら、両方の膝に二つずつ水腫が見付かった」
「これまでの僕の人生でウィンブルドンは最も特別な大会で、そこで初めてNo.1としてプレーすることができるところだったのに・・・辛い。出場するためにできることは全てやったけど、不可能だった。来年は良い状態で出場して、好い成績を出したい」
「どの大会にも出たいと思う僕が悪いのかもしれない・・・痛みに耐え続けることに疲れてしまった」


悩んで悩んで、ついに決心したことがWBを欠場する、だったのですね。
大きなショックであるけれど、同時にホッとしています。
でも、でも、やっぱり悲しい。
いっこさんが訳してくれているように、9ヶ月間も痛みをともにプレーしていたのですね。
ラファに限らずアスリートはそういう宿命なのかもしれませんが。
だませる痛みと、ほっといてはいけない痛みのボーダーラインは限りなくグレーゾーンだと思います。プレーをしたい選手の立場であれば、特に。

6月20日(土)
ラファ、マヨルカへ帰る。
http://www.antena3noticias.com/PortalA3N/noticia/deportes/rodilla-Nadal-deja-Wimbledon-sin-vigente-campeon/6871340


「あと2年やって引退するつもりだろうとかいう声があるが、自分はもっと長く選手生活を続けていくつもりで、これから大きなことをたくさんやらないといけないんだから、ちゃんと治さないとね」
「そりゃ順位が落ちるのが嬉しいわけはないけど、僕は順位のことを考えながらプレーしていたことはないし、それは2位の時も3位の時も、50位だった時も同じ」で、「あまりこだわらない」。
このニュースによると、一応8月初めまでは休むつもり ということでした。

まだ23歳になったばかりのラファ。
今後まだしばらくは選手生活を続けたいと言っているらしいから、
そのために今必要なこと=休息と怪我の徹底的な治療 に専念してほしい。
動き回ることが宿命であるかのような生き方をしているラファにとっては
翼をもがれたみたいな気分でしょうけれど。
天使の翼は、ラファの背中にちゃんとそのままだよ!




この記事 編集中 to be contonue



続きを読む »

 
 
天使の羽根 
今回、ラファのDVDを希望されたみなさんとメールを通じて、ちょっぴり会話をさせてもらいました。
その中に、とても面白い発見をなさった方がいらっしゃいました。
その発見者・・・YKRさんとでも呼びましょうか(笑)・・・の許可をいただいたので、公開しますね。

そう、あれはあの大興奮した全豪男子シングルスのSF。
ベルダスコのあまりの調子のよさにてこずっていたラファが、1stセットの4-5になり、
ベンチに座っていたときの出来事です。

ふと足元を見ると、何か落ちているのを見つけ、手に握り締めました。
目を閉じて、お祈りでもしているかのよう・・・

次の瞬間、握っていた手をパッと開いたとたん飛び出たものは、天使の羽根!!

angelrafa1.jpg

angelrafa2.jpg

YKRさんは、おっしゃってました。
”この羽根は、ラファの背中から落ちた羽根に違いない。だって彼こそが天使だから!”


いかがです?
あの目をつぶっていたとき、ラファはどんなことを考えていたのでしょうね。
もし、録画している方がいましたら、このシーンをぜひご確認くださいませ。
あのすごい試合の中のお茶目なラファに出会えます

もしかしたら、ウェブ上でも見られるところがあるかもしれませんが、
わたしにはわかりません、ゴメンナサイ。

追記
Rafafaさんが見つけてくださいました!
  http://www.youtube.com/watch?v=75d_zYSXX08&eurl=http://www.nadalnews.com/page/7/


YKRさん、貴重な情報をどうもありガト~ございました。
Rafafaさんも、ありガト~~
 
 
Australian Open 2009 
Australian Open 2009

公式HP



play back

aftersf.jpg

え~~、そうだったんだ~!!








aosf5set.jpg

あ~、ホントだ~。
ココロの中で、ゴメンね~っていいながら、レシーブの態勢に入ったんでしょうね・・・。





その対戦相手フェル君は、試合後のインタビューで、

ボクらは今日5時間試合したのに、ロジャーは1日余計に休んでるんだから、
日曜日に2人と決勝戦をやったっていいんじゃない?


って言ってたらしい

な~んだ、わたしと同じことを考えてたのね!
っていうか、みんなきっと同じことを考えてたんじゃないかな(笑)

続きを読む »

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。